無料【お試し読み】無視せざるを得ぬ町…っ!清楚系の巨乳に興奮するエロ漫画

リアリティーがあるエロに、半ばやけくそになりながらも

さまざまな体位で犯しまくる姿は見物です。

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

<<お試し読み>>

※ダウンロードもできます。

 

【もくじ】

・【詳細】無視せざるを得ぬ町…っ!

 

・【1話】第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その1

無視せざるを得ぬ町…っ!は、村八分にされてしまったことで、皆に無視をされ続けている男が、その無視をされてしまうという辛い状況を逆手にとって、村中の女を犯しまくるというストーリーが、これまでにはないような改新な内容でワクワクさせられました。

・【2話】第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その2

胸を触っても自分のことを無視しないと、次は自分が村八分にされてしまい、家族や親戚に迷惑をかけてしまうという現状をエロに持っていく発想がたまりません。

・【3話】第二章 委員長~ご開帳せざるを得ぬ股間~その1

クラスメイトの体を犯しまくり、それでも無視をし続けられてしまう男性が制服姿のクラスメイトのことをめちゃくちゃにしてしまうシーンは見ものです。

【詳細】無視せざるを得ぬ町…っ!

「何されても無視しなきゃいけないんだもんなぁ俺の事」

町長の命令により町民は全員、主人公を無視せざるを得なくなる…。命令に背けば自分や家族が同じ目にあってしまうから…。

町全体から無視をされた主人公はそれを逆手に次々と町の女を犯しはじめる…っ!!!

人前で羞恥を感じながらも犯され、イキまくり、快楽堕ちをしていく女達…!

主人公に心酔していく女も徐々に増え……町は大きく…大きく変化していく…っ!!!

・【1話】第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その1

のぞき見されてるのに続けられて、私もまあいいかなとか思ってしまうのってやっぱ変なのかな。

 

私の彼氏の家でめちゃ気持ちよくセックスしていた時の話なんですが、彼氏には弟がいて高校生で多感な時期、私たちのエッチしてる声聞きつけてなんとのぞき見してるんです。

 

なんで知っているかというと、初めて彼氏の家でエッチした時には留守だったので弾けていたんですが、なんとなく視線的なものを感じてふっとふすまの隙間を見ると目が合ったんです。

彼氏の部屋と弟君の部屋はふすまで仕切られていて、いつの間にか帰宅していたっぽいです。

 

彼氏はそんなこと気づいてないからめっちゃ腰振って、いきそうな感じだったから今、辞めるのは悪いかなって気を使ってそのままさいごまでやりとおしました。

 

私ももう結構高まってしまってて、今ここでイケないのはあとあと不満がたまりそうだと気持ちを切り替えてセックスに没頭しました。

終わった後で彼氏に「ねえ、弟帰ってたし、」って言ったら「まじか、あいつ勃起したカナ笑」って言ってて「まあそりゃするよね」って笑ってて、気づいててやり続けたの?って聞かれたから「気持ちよすぎて辞めたくなかったの」っていうと「かわいいやつだな~」って頭をなでてくれたんです。

今度もしまた同じことあったらどうする?って聞くと「まあもうあいつもそういう年頃だし、こういうのも生で見るのも勉強かもな、お前がいいならこれからも見せてやってよ」って言われて、じゃあもしまた「気づいても知らん顔してあげるね」ってことで話が落ち着きました。

多分普通のカップルの会話じゃないのは自覚ありますが、私の好きな彼氏が言うことだし結構すんなりと受け入れてしまったんです。

 

やっぱり変かな(笑)でも、そのあとも一応誰もいないときにしか行かないようにはしてるけど、途中で帰宅して隣の部屋で潜んでいるとしてももういいかなって開き直ってやっています。

この前は前よりもふすまの隙間が太めに開いてて、

 

あ、いるのかもって感じましたがやっぱり気持ちよさには勝てなくて続けちゃいました。だって、私の彼氏まじでエッチがうますぎるんです。

 

辞めたくても辞められない、罪な彼氏です。

 

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

<<お試し読み>>

※ダウンロードもできます。

 

・【2話】第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その2

 

付き合って5年で結婚して彼の家で同居し始めた新米主婦です。

 

夫には年の離れた弟がおり、付き合い始めたときには高校生だったのが今では大学生になり随分男らしくて素敵な男性になっています。

 

私のこともずっと慕ってくれていたのでほんとの弟みたいにかわいがってきたんだけど、少し前から義理の弟の態度が私にちょっと恋心に似た感情を持ってしまって、二人きりになるとちょっと意識してくるよになってしまったんです。

 

別に兄貴じゃなくてもよくない?一回だけでいいからやらせてとか冗談とも本気ともつかない表情で言ってきて、私はそういうんはありえないよって断っているけど俺でもいいじゃんっておごりが凄いんです。

 

私はもちろん夫のことは愛しているし子どももそろそろ欲しいって思うので絶対に彼をあきらめさせないといけないと決意しました。

 

荒療治じゃないけど、夫と愛し合っているのを弟に見せつけて彼の気持ちをあきらめさせようと思いました。

 

私、ほんとに夫のコト愛してるから、夫にしかそういうことしないの、もし信じられないなら今日、夜中に私たちの寝室の前に来て、って言ったんです。その日私は夫に抱かれました。

夫にはメールして、帰ってきたらしたいな、って誘いました。そういうことしたことないから夫はびっくりして、どうしたの?

 

でも嬉しい、じゃあいっぱいしようねって返してくれて、私もその返事にキュンキュンして帰宅を待って、両親と弟は母屋にいるので二人で食事を済ませて早々と寝室に移動しました。

 

 

「今日のメールびっくりした。」って夫が私を優しく抱き寄せてくれて「どうしたの?すっごくエッチな気分なの?」って服を脱がせてくれて・・。

もう弟が外にいるかなって思いながら、「愛してるの、あなたとしかこういうことしたくないの、今日はすっごく抱いてほしくて朝から我慢できなかった」って言う。

 

「俺も愛してる、お前以外の女なんか抱かないし、お前のことも抱かせない、俺のものだ」と言って抱いてくれました。

私が普段そういうことをあまり言わないから夫も始めてくらいこういう感じの愛を伝えてくれて、「ありがとう、すっごくうれしい、愛してる」と抱かれてる間中、うわごとみたいに二人で愛してるって言い合いました。聞こえてたよね?あきらめてくれるかな。

 

 

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

<<お試し読み>>

※ダウンロードもできます。

 

・【3話】第二章 委員長~ご開帳せざるを得ぬ股間~その1

憧れていた彼女との初体験大学生の頃、友人の従妹である女子高生に映画に連れて行ってくれと言われ、地元が田舎なので車を走らせ1時間かけて映画を見に行くことに。

 

こちらも友人を連れ、その女子高生の子も友達を連れてきて2対2のデートのようなものに。

 

その時に出会ったもう一人の子が物凄く可愛くて、映画の内容よりもそのこの横顔が気になって気になって仕方がありませんでした。

 

当時は積極的なタイプではなかったので、そのまま映画を見て、解散。

 

時が経ち5年後に地元の若者向けのバーでお酒を飲んでいると、ばったりとその子に遭遇。

 

「覚えてますか?」と聞かれ、勿論覚えていたのでそこで軽く会話をしてその日も家に帰って寝ようとベッドへ。

フェイスブックから友人申請の通知が来たので確認するとその子からでした。

 

そのままフェイスブック内のメッセージ機能を使い、メッセージのやり取りを一か月近く続けていましたが、ラインのIDを教えてもらい、今度はそのままラインでのやり取りを数か月続けていました。

 

その頃にはもう女性に慣れ、積極的に行けるようになっていたつもりでしたが、いかんせん、とびっきりの美人だったので緊張して「会おう」「ご飯に行こう」と言い出せず日々が流れました。

キッカケは先輩が開いた合コンに数合わせで行くと、その子も数合わせで参加していて、明日も仕事があるとのことでその子が一人早々と抜けることに。

 

気を使ってくれた先輩が「一人じゃ危ないからお前タクシーが来るまで一緒に居てあげな」と自分に言ってくれて、二人で会話をした際に「今度は二人っきりでご飯に行きましょう」と言ってくれた事でした。

初めて一緒にご飯を食べた際、彼女はお酒を飲み、自分は運転があったので飲酒をせず、彼女を家まで送って行く途中にある公園で「付き合ってくれないか」との旨を伝えた所、OKを貰えました。

 

車の中で唇を重ね、彼女の色白の吸いつくような肌へ手を伸ばしました。

 

彼女も嫌がるそぶりは無く、お互いの耳や首元を愛撫し続け、気持ちが昂りました。

 

服の上からでも明らかに小ぶりな彼女の胸をめがけて服の中へ手を伸ばし、小さな乳首を指先で転がす。

 

彼女も同調するように私の乳首、そしてズボンの上から怒張した股間をなだめるというよりは更に怒張を促すようにさする。

「これ以上はもうストップできなくなるよ?」と言葉をかけると、「付き合ってるんだから止まる必要がないじゃないですか」と彼女が言うので、そのまま内容はエスカレート。

 

まずは僕が彼女の乳房や陰部へ愛撫をし、交代で彼女が僕の陰部へ愛撫。

 

「初めて会った時から本当はこういう事したかったのに時間がかかった」と彼女に告げると、「だったら数年分まとめて舐めてあげますね」と付き合っているのに、まだまだ敬語で話す彼女に興奮しました。

 

そしていよいよ暗い公園の車の中で二人の体は一つになり、態勢こそ窮屈なものの、激しく愛し合いました。

 

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

<<お試し読み>>

※ダウンロードもできます。

 

 

Bookliveコミックとは!?

ブッコミ(Bookliveコミック)はネット上で漫画を読むことができるサイトです。

 

面倒な会員登録やアプリインストールなどは不要となっています。

 

無料でお試し読みが可能となっているため、お金を払って買ったけど自分好みの漫画ではなかった…と後悔することなく試し読みをすることができます。

 

自分の好きな漫画を選別することが出来ます。

 

今回はそのブッコミのお試し読みのやり方について記載していきます。

 

①読みたい漫画を探す・タブから選ぶ

「総合」・「少女・女性」・「少年・青年」・「TL」・「BL」とタブが分かれているため自分の好きなジャンルを選んで興味のある漫画を選択します。

 

・検索欄を使用する サイトの上方に検索欄があります。

もし、見たい漫画の題名が分かっていれば、そちらから検索することもできます。

 

②「無料試し読み」をクリック

「今すぐ購入」の左に「無料試し読み」の青いボタンがあります。

そちらをクリックすると、試し読みのビューアに遷移します。

 

※「無料試し読み」ボタンがグレーアウトしている場合

※ブッコミでは、「巻」で販売している場合と、「話」で販売している場合の二通りがあります。

 

「無料試し読み」ボタンがグレーアウトしている場合は、「話」で購入するページになっているためです。

下方に「巻で購入」というタブがあるため、そちらをクリックすると「無料試し読み」ボタンが押せるようになります。

 

③試し読みビューアで試し読み

初めて試し読みをする際には、どこを押したら次のページに進むかなど説明が最初にあります。

ページの左方あたりをクリックすれば次のページに進めますので、存分に試し読みをお楽しみください。

 

以上がお試し読みの手順となります。

 

非常に簡単にいろいろな漫画を読むことが出来るため、「無料試し読み」を活用して自分好みの漫画を探してみてください。

 

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

<<お試し読み>>

※ダウンロードもできます。